肌にハリや弾力がなくなる しわができる前兆です

FrontPage

コラーゲンとしわの関係

内的要因と外的要因があります。

「しわ」ができる内的要因

「しわ」の内的要因は皮膚老化です。皮膚の真皮層にあるコラーゲンヒアルロン酸加齢によって減少することによって、肌の張りが失われ、たるみが「しわ」となります。

「しわ」ができる外的要因

外的要因としてあげられるのは紫外線と乾燥です。
紫外線を浴び続けることによる光老化現象により、お肌に含まれるコラーゲンが変成し「しわ」となるのです。

加齢によるコラーゲンの減少

  • 紫外線を浴びてお肌に炎症が起きたり、ストレスなどで活性酸素が発生すると、コラーゲンが破壊されます。
    さらに、加齢によりコラーゲン・エラスチンそのものが硬くなったり、もろく壊れやすくなります。
  • 新しいコラーゲンが作られにくくなる一方、コラーゲンが破壊されるためコラーゲンは減少していきます。お肌にハリや弾力がなくなります。 これがしわの前兆です。

皮膚組織の老化

加齢とともに血行が悪くなり、細胞に栄養が行き渡らないため、お肌を支えているコラーゲンを作る力が弱くなります。

水分の減少

  • 加齢により皮脂膜やセラミドなどを作る力が弱くなると、潤いも奪われやすくなります。それは細胞の間にすき間ができたり、細胞内の水分が減るためです。
  • さらに紫外線をあびて皮脂が酸化すると、炎症がおきてお肌がかさつき、乾燥への悪循環が生まれます。

powered by Quick Homepage Maker 4.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional